Toysdaily 玩具日報

 找回密碼
 註冊
查看: 6119|回復: 5

[新品消息] 2018年10月 S.H.MonsterArts 加美拉 (1999)

[複製鏈接] |關注本帖
發表於 23-5-2018 22:36:26 | 顯示全部樓層 |閱讀模式
621.jpg


發表於 23-5-2018 23:00:55 | 顯示全部樓層
同之前果隻有咩分別?
除左多隻特效手外
 樓主| 發表於 24-5-2018 10:05:51 | 顯示全部樓層
 樓主| 發表於 30-5-2018 17:37:09 | 顯示全部樓層
S.H.MonsterArts ガメラ(1999)







価格:10,800円(税8%込)
発売日:2018年10月

『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』に登場したガメラ(1999)がS.H.MonsterArtsで立体化。
バニシング・フィストをイメージした交換用腕パーツに加え、飛行形態を再現するための一式が付属する豪華セット内容。

●造形
完全新規造形で立体化。ガメラ(1999)特有の甲羅も細かく再現。

●付属品
バニシング・フィストをイメージした交換用腕パーツに加え、飛行形態を再現するための交換用パーツが付属。
ガメラファンにはたまらないボリューム感。
■商品内容
全高:約160mm
材質:PVC、ABS製

■セット内容
・本体
・バニシング・フィスト用腕パーツ
・飛行再現パーツ(腕、尻尾、腹)
・飛行再現用台座

http://www.tamashii.jp/item/12594/


 樓主| 發表於 4-7-2018 19:00:33 | 顯示全部樓層
Akiba Showroom 展出
http://tamashii.jp/akiba_sr/?p=9297
053.jpg

發表於 29-11-2018 16:20:16 | 顯示全部樓層
■怪獣映画のミニチュア美術のプロが教える!

講師は、特撮研究所の特殊美術デザイナー・三池敏夫さん!
平成ガメラ3部作やミレニアムゴジラシリーズなど、数々の特撮映画を手掛けてきた大ベテランです。
カメラのフレームを通すことで、“特撮な画”が出来上がる、特撮のプロならではのテクニックを見ていきましょう!

■小物入れでビルを作ろう!

身近に手に入るものでジオラマを作っていくのが、今回のワークショップのテーマ!
まずは、100円ショップでも手に入る、プラスチック製の小物入れを使ってビルを作っていきます。


まずは、ちょっと大きめの小物入れを、ガメラにちょうど合うサイズにしましょう。
小型のノコギリ「ピラニア鋸」を使って、カット。
ピラニア鋸は、100円ショップでもホビーショップでも売ってますね。
100円ショップで買ってきたグルーガン(価格は200円)を使って、切り取ったパーツを貼り合わせて箱型にします。



ここからが、小物入れの格子状のパターンを「窓」に見せるための工夫!
トレーシングペーパーをビルの内側に貼りこめるサイズにカットし、マジックでランダムに格子状の模様を描いていきます。
ここは、細かいことは気にしないで、大胆に描いちゃうのがコツ!
半分以上の窓をふさぐ目安で描いていきます。
描けたら、ビルの内側にテープで固定します。


これで、小物入れビルが完成。
トレーシングペーパーに描いた模様が、後々、窓明かりのランダムさの表現になって活きてきます。
これは、特撮現場のビルミニチュアでも使われているのとまったく同じ手法!
白い小物入れの場合は、裏から光を当てると透けてしまうこともあるので、裏から一度黒スプレーを吹いておけるとベスト。

■鉢底ネットでビルを作ろう!
100円ショップで買ってきたプラスチック製の鉢底ネットを使って、ビルを作ります!
目の付け所がさすがですね。



ネットを適当な大きさにカットして、L字型に折り曲げてビルの形に。
裏側に、今回はマスキングテープを貼ります。
光が透けるので、トレーシングペーパーと似た効果が出ます。
テープだと壁面に密着するので楽ですね。


ここでも、マジックでランダムに塗りつぶして窓明かりの変化を表現。
二面のみの簡単なビルですが、配置さえ工夫すれば写真に写るのは常に二面だけ。
下から見上げるアオリの構図を想定しているので、天井も省略しています。
写るところだけを作りこんでいく、特撮ならではの発想なんですね!




■書き割りビルを作ろう!
特撮の現場でも、画面の一番奥に見える街並みは、ベニヤ板に描かれた絵だったりします。
ミニチュアの奥に、この“書き割り”を置くことで画面の奥行きを表現しているんですね。
今回の卓上特撮では、お手軽にできる書き割りの作り方を紹介!


茶色の色画用紙と……再度登場、鉢底網。
色画用紙の上に鉢底網を置いて、黒スプレーを吹き付けます。
凹凸がある面とまっ平らな面があるので、平らな面を下にして使いましょう。


ネットを外すと、色画用紙に格子状の模様が。
もう、お分かりですね? これがビルの窓の表現になります。

コツは、ベッタリと一様に吹かずに変化をつけること!
そして、一度スプレーを吹いたら、ネットの位置を微妙にズラしてから、もう一度吹いてみます。
そうすると、立体感が出て窓枠っぽい感じが表現できるんです。




■既製品ビルを塗装しよう!


ビルミニチュアといえば、「魂OPTION ACT BUILDING」もあります。
簡単な塗装を加えて、よりリアルにしてみましょう。
短時間で効果を上げるなら、スミ入れ方式が効果的!


用意するのはアクリル絵の具と筆。



調色したアクリル絵の具で凹部分を中心にざっくり筆塗りし、表面をティッシュなどで拭き取ると、溝部分に塗料が残ります。
表面にも塗料が少し残りますが、これはこれで汚し塗装にもなって効果的!
もちろん、時間があれば、丁寧に塗装するのがベストです。




■街灯を作ろう!
画作りのアクセントのために、街灯を自作しましょう!


用意するのは、アルミ線と黒パーマセルテープ、再度登場のグルーガン。
黒パーマセルは、カメラ専門店で入手できます。


90度に緩やかに折り曲げたアルミ線の先端に、グルーガンで溶けた接着剤を点付け。
巻き付けるように付けてみましょう。


固まったら、黒テープで傘を作って、街灯っぽく整えます。
支柱部分に黒テープを巻きつけることで、根元の方が太くなる表現もできます。
これ自体は光りませんが、撮影時に光を外から当てることで発光を表現します。




■星空ホリゾントを作ろう!
撮影前に、もうひとつ! 背景の空を作りましょう。
今回は、夜景ということで星空にチャレンジ。


用意したのは黒いウールペーパー。これは、表面が起毛している紙で、光の反射を極力防ぐ仕様。
一般では手に入りにくいので、黒画用紙などで代用してもいいかもしれません。


これの裏に半透明のビニールを垂らして、基本のセッティング。


フレーム内での星の位置を想定しながら、目刺で適当に穴を開けていきます。

■ミニチュアをレイアウトしよう!
ミニチュアが揃って、いよいよレイアウトです!


まずはメインになるキャラクターを配置してから、カメラのフレームを決め、
画面内に見映えするようにビルなどをレイアウトしていきます。
配置してからフレームで切り取るのではなく、フレームの中に街を飾りこんでいく発想!
三脚などでカメラを固定して、フレームを確認しながらレイアウトしていきましょう。
今回は、巨大感を強調するためにアオリ気味のフレーミングにしています。


レイアウトのコツは、「手前に大きいビル、奥に小さいビル」。
擬似的に遠近感を生み出す、特撮美術ならではのレイアウト術です。
手前の街灯が遠近感をさらに強調してくれます。
上下にズラしただけの2本の街灯が、画面内では手前と奥に見える不思議!


一番奥には、書き割りビルを置きましょう。

■ライティングしよう!
今回は、夜景ということで、ライティングが凝りどころ!


100円ショップで買えるLEDライトや、電気屋で手に入るペンライトを使います。
照明に色をつけるために用意したのは、カラーセロハン。
通常の照明器具に使うと熱で溶けてしまいますが、LEDなら発熱しないのでOK!


大きなライトで当ててしまうと、全体が明るくなってしまって夜景ムードにならないのでNG。
こんな感じに、小さいライトで細かく街灯りを作ってあげるのがポイントです!
そして、街明かりで照らされているイメージなので、下から当てるのコツ。
今回は、照明用に手前に角材を固定しています。これでライトが固定しやすくなります。



燃える街のイメージで、一部のライトには赤いセロハンをあててあります。
ビルの内側からも窓明かりのイメージでライティングします。
街灯にもピンポイントで光を当てましょう!

■撮影しよう!
さぁ、いよいよ撮影です!

カメラはスマホでもOK!
なるべく画面の奥までピントが合うように、広角気味で撮るのがポイントです。
背景がボケてくると、いかにもミニチュアに見えてしまいます。


撮影した写真はこんな感じ!
アオリの構図とビルのレイアウトで、遠近感と巨大感が強調されていますね!
街灯も外からピンポイントで当てた光で発光しているように見えます。
街灯の遠近感にも注目!
鉢底網ビルの網の目の細かさが、遠くのビルに見えてリアルですね。


ミニチュアの配置は、実際にはこんな感じ。
実は、奥行きも極めて狭いジオラマですが、特撮ならではのレイアウトマジックで奥行きを感じさせる写真に仕上がっています。


腕のパーツを交換して、バニシング・フィストバージョンも撮影。
クリア成型の手にもライティングすることで、このように発光しているイメージに!



せっかく舞台を作ったので、別のキャラクターでも撮ってみましょう!

©円谷プロ ©ウルトラマンオーブ製作委員会・テレビ東京
今回は、「S.H.Figuartsウルトラマンオーブ オーブオリジン」でも撮影してみました。
キャラクターの顔や、ここでは武器にも目が行くようにライティングするのがポイントです。
ビルも、若干配置換えしてみました。

■嵐の夜にしてみよう!
今回はもうひと工夫!
京都のシーンのイメージもミックスして、嵐のイメージを加えてみることに。

用意したのは、黒画用紙とデザインナイフ。
稲妻の形に、デザインナイフで切り抜いていきます。



出来上がったら、裏からライティングして撮影。
この素材を、先ほどの写真に合成してみましょう!


合成するとこんな感じ!
コンピュータ上で描き足すこともできますが、こんな感じに透過光で素材を撮ると、
光のにじみ方がなんともオプチカル合成っぽくて、特撮チックな稲妻になります。
※オプチカル合成……光学合成とも呼ばれる、映像の合成技術。複数の撮影素材をひとつの画面に組み合わせるなど、フィルムを加工して合成処理を施す手法。現代の特撮作品ではデジタル合成が主流となっている。


さらに、黒バック前で霧吹きで降らせた雨素材を撮影。
撮影の際に、水に向けて光を当てて、雨だけを照らすのがポイントです。


雨も合成するとこんな感じに!
腕に覚えのある方は、デジタル上で色々加工してみるのも楽しそうですね!

您需要登錄後才可以回帖 登錄 | 註冊

本版積分規則

Archiver|手機版|Toysdaily 玩具日報

GMT+8, 10-12-2019 07:27 PM , Processed in 0.025847 second(s), 20 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

討論區聲明:本討論區是以即時上載留言的方式運作,Toysdaily玩具日報討論區對所有留言的真實性、完整性及立場等,不負任何法律責任。而一切留言之言論只代表 留言者個人意見,並非本網站之立場,用戶不完全信賴內容,並應自行判斷內容之真實性。於有關情形下,用戶應尋求專業意見(如涉及醫療、法律或投資等問題)。由於本討論區受到「即時上載留言」運作方式所規限,故能完全監察所有留言,若讀者發現有留言出現問題,請聯絡我們。Toysdaily玩具日報討論 區有權刪除任何留言及拒絕任何人士上載留言,同時亦有不刪除留言的權利。切勿撰寫粗言穢語、誹謗、渲染色情暴力或人身攻擊的言論,敬請自律。本網站保留一 切法律權利。

快速回復 返回頂部 返回列表